アサシンクリード2 レビュー [Xbox360]

アサシンクリード2は2009年12月に発売されたオープンワールド型のアクションアドベンチャーゲーム。開発はユービーアイソフト:モントリオール・スタジオ。舞台は15世紀のイタリア、ルネサンス真っ只中。海外レビューサイトの得点も悪くなく、前作で物足りないと感じていたユーザーも安心して遊べる!との声が多かった。

アサシンクリード2の特徴


▲アサシンクリード2PV

ユーザーの声はメーカーに届くものだろうか?少なくともユービーアイソフトはユーザーの意見を真摯に聞く姿勢があり、うまくそれをゲームに盛り込むだけの技術がある。前作をプレイしたユーザーなら同じように感じるはずだ。前作で素晴らしい世界を構築し、今作でゲーム性を磨くことにユービーアイソフトは成功している。

街並みからルネサンス

前作同様、再現された街並がすばらしい。同じパーツを使いまわしたようなゲーム世界ではなく、歴史を感じる…と、言っても言い過ぎではないくらいの雰囲気がある。この完成度なら学校の教材としても通用してしまいそう。

構築された街には歴史的に重要な建物がいくつもある。また、ゲーム中には当時の絵画がコレクターアイテムとして登場したり、序盤で当時の生活様式の解説があったりと、イタリア・ルネサンスを肌で感じることができた。

よじ登れ、逃げろ、飛び込め、隠れろ、潜れ、雇え

前作に引き続き、アサシンクリード2も全編よじ登りゲーです。今作は、よじ登り速度が上がり屋根の上の移動もスムーズになったので、移動に関してはストレスを感じない。建物の上から水中へ飛び込み潜って隠れたり、敵の上方から飛び込んで攻撃できたりと、選択肢も増えている。

仲間を雇えるのも◎。盗賊や傭兵、娼婦を雇って敵の注意をそらし、ルートを確保するのが地味に楽しい。特に娼婦にフラフラついていく番兵が情けないというか可愛らしいというか同情を禁じえない。

とある色男の物語

2の主人公エツィオ・アウディトーレは、やんちゃだが仲間を大事にする熱血漢。それでいて色男。前作アサシンクリードのストーリー展開が淡々としていたのに対し、今作は序盤からエツィオの闘う理由が丁寧に描かれていて、良い意味で映画のようなシナリオだ。途中、中だるみもなくメインストーリーを楽しむことができた。雰囲気は、映画の怪傑ゾロシリーズが近いかもしれない。序盤から登場する若きレオナルド・ダ・ヴィンチや、中盤から登場する女性キャクターも魅力的で先が知りたくなる内容。

その他、サブミッションでアサシン一族がチラっと登場したり、過去の歴史的に有名な暗殺事件にも一族が関わっていたという話があったりと、続編への伏線もある。

残念な点

残念な点、というよりは次回作への要望がいくつか。まず、サブミッション。いくつかパターンがあるものの、とても単調で、またやりたいと感じない。報酬としてお金を貰えるわけだけど、その使い道が街への投資と武器しかないtめ、街への投資が一通り終わると使い道がなくなってしまうのだ。せっかく貨幣システムを導入したのだから、もう少しお金で買える遊び要素がほしいところ。

また、投資しても単純に収入が増えるだけで街に変化がないのもマイナス。投資する度に、クエストが増えるなり、街並みが変わるなり、何かしら変化がほしかった。全体的に、ひとり遊びができる下地がないという印象。システムがしっかりしているだけに、この点は残念だった。

良作

アサシンクリード2は一言でいうと、前作の残念だった部分をすべて手直した作品だ。特にゲーム性・シナリオが大幅に改善されており満足度は高い。ただし、権力者同士の争いを描いた内容なので、人によって好みは分かれると思う。前作に光る何かを感じた人やイタリア・ルネサンスに興味がある人なら楽しく遊べます。

個人的には記憶に残る良作でした。数年して続編のアサシンクリード3が発売されたら、迷わず買います。

タグ: ,

アサシンクリード [Xbox360 レビュー]

アサシン クリードは2007年11月に発売されたオープンワールド型のアクションアドベンチャーゲーム。開発はユービーアイソフト:モントリオール・スタジオ。12世紀のエルサレム周辺の街並みを再現したグラフィックが話題になったタイトル。Xbox360以外にも、PS3やWindows用ゲームとして発売されている。

アサシンクリードの特徴

▲アサシンクリード トレイラー

なぜ、ゲーム世界の住人達は、同じ場所で行ったり来たりしているのか?もっと、活気のある箱庭世界を作れないものだろうか?もし、そう考えたことがあるなら、黙ってアサシンクリードをプレイすればいい。きっと、路地裏を行きかうキャラクター達に驚くかもしれない。オブリビオンのNPCのようにが目的を持って移動しているわけではないが、狭い路地を移動する人々がうまく表現されている。

生活臭漂う街並み

アサシンクリードは、ミッション消化型のアクションゲームである。といっても、戦闘アクションではなく、オープンワールドを走り回るゲームといったほうがいいかもしれない。舞台となる街は、塔や民家、入り組んだ路地で構成されていて、行きかう人々は目的を持って行動してるように見える。立ち話をする人、集団で移動する人々、誰かを待っている人などなど、とても自然な街が再現されているのだ。

よじ登れ、逃げろ、飛び込め、隠れろ

ゲームミッションの大半が誰々を暗殺しろというダークなゲームながら、標もまた善人ではなく、武器商品であったり政敵であったりと、一癖ある人物ばかり。プレイヤーも悪という立ち位置ではない。

基本的に目標達成はそう難しくなく、むしろ目標に到達するまでを楽しむゲーム。こっそりと建物の上によじ登り、見つからないように目標へ接近→暗殺。このよじ登るというアクションがアサシンクリードの売りの一つで、街の建造物はほぼ全て上ることができ、ロッククライミング気分を満喫できる。敵に見つかればよじ登り、見つからなくてもよじ登る。とにかく、よじ登るしかないのです、はい。

道中、敵に見つかったら隠れることができる場所まで逃げ、やり過ごす。そのまま戦うと、敵が大量に沸いてくるので、いかにやり過ごすかが進行の鍵になります。もちろん、逃げずに戦闘で強引に切り抜けることもできるので、そのあたりはプレイヤー次第。

ゲームとしては課題あり

ゲーム性は薄いように感じられた。というのも、ミッションの最終目標にただりつくための手段が毎回同じで、いわゆるお使いゲーとなってしまっているからだ。情報を収集するために聞き耳をたてたり、キーになる人物を追いかけたりと、いくつかパターンはあるものの、さすがに後半まで同じことの繰り返しでは面白みにかける。

また、敵に見つかっても重いペナルティがあるわけではないので、隠密行動の楽しさも半減してしまっているように感じた。’私は暗殺者’と、なりきりプレイができないと楽しめないかもしれない。

続編に期待したいタイトル

とにかく街並みはすごい、ただ、ゲームしては物足りない・・・。そんな印象のゲームでした。

あと1ヶ月ほどで、続編のアサシンクリード2が発売される。続編では、アイテムの購入や、自分の街を所有できるらしく、楽しめるゲームになるかもしれない。ゲームの雰囲気は良いので、今作より面白くなることを期待して予約した。また、そのうちレビューします。

タグ:

プレイレビュー 一覧へ